COFFEE COUNTY leaflet

COFFEE
先日countyにお邪魔した時に持って帰ったリーフレット。
お店の簡単な紹介と抽出方法が記載してあって
「魅力的だ」と感じたので簡単な記事にします。
内容
・about
・Hand Drip Recipe
・shops
about
定期的に渡航をし生産国からの直接買付。
どのような思いでコーヒーと向き合い
私たちの元に届けられているかなど
知ると感謝の気持ちが溢れ出す。
Hand Drip Recipe
1杯分のレシピが記載されています。
私はcountyさんと同じくKalita waveを使用しているので、このレシピはとても有難い。
スタートは一緒
例えば同じコーヒー豆とお湯、抽出器具が揃っていても
抽出方法、抽出する人で味は変わる。
そのコーヒーには抽出した人の味の表現が出ていて
素晴らしくもあり面白いと思う反面
バリスタさんだからこそゴールがちゃんと美味しく仕上がっていんだなと感じる。
そのような抽出技術があればいいのだけど
まだまだ未熟な私にとって
アフターフォロー=美味しく抽出出来るレシピ
はとても嬉しい。
1杯分
コーヒー粉:15g 挽き方:中挽き Kalita wave155使用
湯温:90−92℃(light roast)  90℃(roasty) 88℃(dark roast)
湯量:250ml
1、1湯目はコーヒー粉の中央に少量(30ml)注ぐ程度。蒸らし時間は約30秒。
2、2湯目は70ml。2 湯目から湯量は比較的多めに、3湯目までは勢いよく注ぐ。
3、3湯目も70ml注ぐ。途中までは2湯目同様だが、途中からドリッパーの縁を狙って注湯。フィルターの側面についたコーヒー粉を液体の中に落とし込んでいく。
4、4湯目は40ml注ぐ。サーバーに落ちていく量に合わせて短い時間で湯を注ぐ。
雑味まで落とさないよう湯の勢いは優しく。
5、5湯目も4湯目と同じく、40ml注ぐ。コーヒー粉をあまり対流させないよう細かい線で静かに注ぐ。
6、250ml注ぎ終え、サーバーの目盛りで抽出量が200mlとなったところでドリッパーを外す。この時注ぎ始めてからの合計抽出時間は約2分。
Light roastの場合
焙煎度合いが上がるにつれ、湯温は低めに、お湯は優しく注いでいく。
3における側面の粉の落とし込みを行わない。
お店によってレシピが違うのも
知れば知るほど面白く奥深い
お家で淹れるコーヒーは”自分の味だなー”って新鮮さが無く少し飽きてきたところ。
これを機に様々なレシピを試してみたい。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました