水の大切さ

BASIC KNOWLEDGE

 

美味しいコーヒーを淹れるのに
水はとても重要な役割を果たす

水道水とミネラルウォーターで抽出した
コーヒーを比較すると驚くほど味の差があった。

水はコーヒーに不可欠な成分で
エスプレッソなら約90%、ドリップコーヒーなら約98.5%を占めている。

コーヒーを淹れる際に水は溶媒としてコーヒーの粉から
フレーバーを抽出する働きをする為、水の質は重要だ。

コーヒー用理想の水

目標値(100mlあたり) 許容範囲
におい クリーン、爽やか、無臭
クリア
塩素 0mg 0mg
180℃における総溶解固形分(TDS) 15mg 7.5~25mg
カルシウム硬度 6.8mg 1.7~8.5mg
アルカリ度 4mg 4mg前後
ph値 7.0 6.5~7.5
ナトリウム 1mg 1mg未満
軟水、やや硬水の地域に住んでいるなら水道水を使用しても良いが
味を良くする為に浄水器にかけるのが望ましい。
水道水を使用する際はカルキ臭に気をつけましょう。
カルキ臭
水道水独特のツンとした塩素臭さ
日本の水道水は世界的に見ても高い水準と言われています。
その水準を守る為、塩素で消毒しています。
そのまま使用するとコーヒーの味に影響が出てしまうので
・浄水器を通す
・レモン汁を入れる
・水道水を5~15分程度沸騰させる
などの方法でカルキ臭さを抜き使用することをおすすめします。


中度や高度の硬水地域に住んでいるなら
ペットボトル入りの水が適しています。


そういえば先日、東京のロースターさんが

「福岡の水は綺麗でクリーンなコーヒーになる」
と話されていた。

東京の水は高度で水が硬く
お店を開く際に水のph値の調整が大変だったという。

ph値を合わせていても
月日が経つにつれ若干数値に変動もあるらしい。

豆や抽出方法はもちろんだけど
お店と家でのコーヒーの味の大きな差は水だったのかもしれない。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました