AKITO COFFEE 【 Colombia】

COFFEE
6.13(thu)に焙煎所がOpen。
止まっていたオンラインショップが先日稼働しはじめたAKITO COFFEE。
気になっていた新たなラインナップ、Colombiaをお取り寄せしました。
Colombia
明確に定義された生産地域があり、実に多様なコーヒーを生産している。
ずっしりとしてチョコレートフレーバーのするものから、ジャムのように甘くてフルーティーなものまで、フレーバーの幅が非常に広い。
コロンビアシリーズ
2019年1月後半、コロンビアで現地直接買い付けをし
新しくラインナップ入りしたコロンビアシリーズ。
オンラインには3種類のコロンビアがあり
プロファイルを読んで気になった2種類をチョイス。
Dionel Chilito  
甘い蜜柑やパイナップルのような果実味と甘さ。
爽やかな甘み。
国産地:Colombia
地域:Buenos Aires,Pitalito,Huila
農園:La Pradera
品種:Geisha
生産処理方法:Washed
収穫年:2018−2019
標高:1740m
焙煎:浅煎り 
ディオネル チリト ロペスはラ プラデラと呼ばれる10haの農場を所有しており、そこの3haでコーヒーが植えられています。Dionelはコーヒーを生産する家系で、他の多くの農家と同じように父親が2,000本のCaturraの木を植えられている小さな土地を彼に譲ったときに彼のコーヒー人生がスタートしました。
最近彼はCaturraをGeishaの木に植え替えました。それがとてもポジティブな結果になりました。
ラプラデラのコーヒーチェリーは、紫色に熟したときに収穫されます。それから同じ日に、ザランダを使って選別され伝統的なパルパーで果肉除去します。
その後36時間発酵させ、2〜3回水洗いし、パラボリックドライヤーで16〜18日間乾燥させます。
Geisha
コーヒーの最高級品質のひとつ。
エチオピア西部にあるカファ地方のゲシャ村で1931年に発見されたのが名前の由来。
比較的に新しい種で歴史は浅いが世界で最も高価なコーヒー種と言われる。
花や香水を思わせる香りの高いコーヒーができると考えられ、近年需要が高まり、価格が急騰している。
Libardo Murcia
ジューシーな蜜柑のような果実味と
ジンジャーシロップのような風味と甘さ。
国産地:Colombia
地域:La independencia,Isnos,Huila Gerais
農園:Mirador
品種:Pink Bourbon
生産処理方法:Washed
収穫年:2018−2019
標高:1642m
焙煎:浅煎り 
リバルドムルシアオリベラはミラドールと呼ばれる1ヘクタールの農場を所有しており、そこでピンクブルボンを栽培しています。熟したチェリーを収穫後、「ダブルファーメンテーション」というプロセスを行います。
最初にコーヒー袋で12時間発酵させ、さらに袋で24時間発酵させます。その後4回水洗いし、10〜15日間太陽の下で乾燥させます。まだまだ希少で高価なピンクブルボン品種。
小ロット買い付けです。
Pink Bourbon
名前の通りピンク色に熟すコーヒー。
通常熟すと赤くなるブルボンからの突然変異種。
収穫量が少ない為、ほとんど栽培されずあまり知られていなかった。
Cupping
(個人的な感想です。)
Dionel Chilito
明るくてジューシー。
酸味があって華やか。
冷めても一定の味で最後まで美味しい。
Libardo Murcia
しっかりとしたボディでクリーン。
落ち着いた酸。
温度が下がると華やかな酸が出てくると同時に味がまとまる感じがして好み。
同じコロンビアでも農園や品種で変化する風味が面白い。
私的に
Dionel Chilitoは朝
Libardo Murciaは夜とシーンを分けて楽しみそうだ。
AKITO COFFEE
〒400−0016
山梨県甲府市武田1丁目1−13
Tue-Fri 7:30-18:00 
Sat,Sun 10:00-18:00
Close Mon
Tel 055-254-3551
AKITO COFFEE  Tane
〒400-0861
山梨県甲府市城東1丁目15
Thu-Sat 10:00-18:00
Close Sun-Wed

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました