コーヒー生産地

PRODUCING REGION

産地別で味の特徴をまとめたものです。

アフリカ
ブルンジ…ベリーを感じさせる複雑なフレーバー。ジューシーな口当たり
エチオピア…フルーティーな香りと酸味が強いのが特徴。苦味が少なくコクや甘みはやや控えめ
ケニア…ベリーやフルーツのような複雑さで有名。明るい酸味が特徴
マラウイ…とても甘くクリーンだが東アフリカの他のコーヒーのようなフルーティーさや複雑さに満ちた味わいになることは稀である
ルワンダ…リンゴやブドウを感じさせるようなフルーティーでみずみずしいフレーバー。ベリー系のとフローラル系の特徴も共通している
タンザニア…柑橘系のフルーツのような甘味とやや強い酸味が特徴。コクは控えめで甘い香りですっきりとした飲み口
ザンビア…希少な高級コーヒーは華やかでフローラルで雑味のない。フルーツのような複雑なフレーバーを持つ
アジア
インド…濃厚でクリーミー。酸味が弱い傾向にあるが特別に複雑なフレーバーはほとんどない。
インドネシア…苦みとまろやかな香り。フルーティーでマイルドな口当たりが特徴
パプアニューギニア優しい酸味がありフルーティ。クセがなくクリアな味
ベトナム苦味・渋味が強い。酸味はほとんどなく、香ばしい香りが強い
イエメンすっきりとした甘味とまろやかさがあり、さらにフルーティーで爽やかな酸味と柔らかな苦味も楽しめる
南北アメリカ
ボリビア…最も品質の良いコーヒーは、非常に甘くクリーンなフレーバーを持つ。比較的稀であるが、とてもフルーティーなフレーバーを持つものもある

ブラジル
…酸味が少なめで、ボディは重く甘味が強い。
チョコレートやナッツ系のフレーバーを伴う

コロンビア
…重めのボディで酸味が強め。
甘くフルーティでありながらバランスの良い香りが特徴。ずっしりとしてチョコレートフレーバーのするものからジャムのように甘くてフルーティーなものまでフレーバーの幅が非常に広い。

コスタリカ
…酸味は豊かで、深いコクと苦み。
芳醇な香りが絶妙なバランス

キューバ
…すっきりとしたマイルドな味わい。
口当たりがよく癖がなく、酸味・苦味・コクのバランスが取れた上品な味

ドミニカ共和国
…高品質のコーヒーは非常にまろやかで、酸味は弱いが
比較的雑味がない

エクアドル
…甘味が強くナッツのような香りと
程良い苦みと酸味のバランスが取れていてマイルド。後味がさっぱりしている

エルサルバドル
…飲みやすいマイルドな酸味とすっきりとした後味が特徴的。
キャラメルのような甘みを感じることもあり豊かな香りが楽しめる。

ペルー
…優れた香りと濃厚なコク。
マイルドな酸味でクセが少なく飲みやすい

ベネズエラ
…甘味が強く、酸味は弱く、口当たりと舌触りは比較的芳醇

グアテマラ
…甘い香りとやや強めな上品な酸味。
程良いコクと芳醇な味わいが特徴。他の豆と合わせやすくべブレンドに用意られることもある

米国ハワイ州
…酸味が控えめでボディがやや強め。
飲みやすいが複雑でフルーティーなものは滅多にない

ホンジュラス
…優美な香りがありドライフルーツのような風味や
フルーティーな酸味が特徴

ジャマイカ
…すっきりとしていて甘味がある。
複雑でみずみずしいフルーティーなフレーバー

メキシコ
…カラメルのような甘味のあるコーヒー。
トフィーやチョコレートのフレーバーがするものまで幅広いコーヒーを生産している

ニカラグア
…心地良いフルーツのようなフレーバーとすっきりとした酸味を持っている

パナマ
…柑橘系の花のような香りがすることが多く
さっぱりとしていて繊細で複雑なフレーバー

ペルー
…優れた香りと濃厚なコク。マイルドな酸味でクセが少なく飲みやすい

ベネズエラ
…甘味が強く、酸味は弱く、口当たりと舌触りは比較的芳醇

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました