はかたdeはさみ2018 Coffee企画【Saredo Coffee×波佐見焼】

COFFEE
六本松421や蔦屋書店がオープンし飲食店も賑わいを増して今勢いのあるエリア六本松。
そんな六本松駅から徒歩5分の場所にお店を構える自家焙煎珈琲と自家製の焼き菓子を提供しているSaredo Coffeeさんへ行ってきました。
(NO COFFEEさんにコーヒー豆を卸したりも)
ちょうどお邪魔したタイミングで焼きあがった栗のタルト。
渋皮栗も自家製なんですって!
とても美味しそうな香りが…
これは食べたい!
席に座り、迷わず栗のタルトとエチオピア グジ ウォッシュド(中煎り)をチョイス。
ドリップコーヒーを淹れていただく時
どんな風に淹れているのか見たくて「見ていいですか?」と
カウンターの側に行くと笑顔で丁寧に淹れ方を教えてくれました。
教えていただいたドリップレシピです。
recipe
抽出器具 HARIO V60
コーヒー豆12g  お湯160cc    
お湯の温度…87℃
挽き…中細挽き(グラニュー糖くらい)
お湯を20〜30cc注ぎ40秒蒸らす(ポタポタとサーバーにお湯が落ちる程度)
サーバーにお湯が落ちなくなったら1分で100cc越えない速度で注ぎ続ける。
Point
深煎りのコーヒー豆の場合、焙煎で成分が抜けているため12gを13gに増やし濃度を高める
ちなみに浅煎りのコーヒー豆を抽出するときはHARIO V 60でスッキリと
深煎りのコーヒー豆を抽出するときはCAFEC FLOWER DRIPPERでコクのあるコーヒーに仕上げているんですって!
やっぱり焙煎度合いで抽出器具変えるのいいよなぁ。
私の自宅で実践しよう!!
COFFEE TIME!!

こうして淹れていただいたコーヒーと栗のタルト。
波佐見焼 窯元 株式会社西山  デイジーのカッププレートで。
プレートとタルトの大きさがぴったり!!
エチオピアはいつもいただくものよりしっかりとしたボディで
酸味は控えめな印象だけどスッキリと飲みやすい。
栗のタルトは栗が上と生地の中に入っていて贅沢なタルト。
甘さも程よくサクサクで美味しい。
出勤前であまりゆっくりとお邪魔できなかったけど
権藤さん(オーナーさん)とコーヒーのマニアックなお話ができてこれをきっかけに通いそう!
楽しい時間をありがとうございました。
Saredo Coffee
福岡市中央区六本松3−11−33−11
11:00−20:00
closed:wed
窯元 株式会社 西山

HP:http://www.cf-nishiyama.jp

HARIO
CAFEC

COMMENT