水へのひと手間で日々のコーヒーをより美味しく

COFFEE
美味しいコーヒーを淹れるには…
コーヒー豆や淹れ方にばかりこだわっていませんか?
コーヒー豆の成分は水やお湯によって引き出されます。
水にこだわってミネラルウォーターを使用するのも良いけれど
高品質と言われる日本の水道水。
そんな1番身近な水道水にスポットを当てて
美味しくコーヒーを淹れるポイントをまとめました。
ポイントをご紹介するの前に
一般的な抽出方法でコーヒーの中に入っているコーヒー成分が何%か知っていますか?
なんとわずか2%!!!
残り98%は水分なのです。
「コーヒー豆」や「淹れ方」はもちろん大事ですが
いくらこだわっても水が悪ければ風味が損なわれます。
美味しい水を使用すればコーヒー豆の持ち味をしっかり引き出し、雑味のない美味しいコーヒーに仕上がります。
では早速水道水で美味しくコーヒーを淹れるポイントをご紹介していきます。
汲みたての新鮮な水を使用する
汲み置きした水や何度も沸かし直した水は
二酸化炭素が飛んでしまい水本来の味を失ってしまいます。
コーヒーを淹れるときは蛇口から出したばかりの新鮮な水を使用しましょう。
注意
朝1番の蛇口から出る水は前日から水道管に溜まっていた水なので
必ずしばらく水を出してから使用するようにしてください。
水を十分沸騰させて塩素を飛ばす
水道水は塩素を含んでいます。(水を綺麗にするための使われいています)
塩素が多いとカルキ臭がしてしまい水が美味しくないです。
カルキ臭とは…プールなどで匂うツンとしたにおいです。
塩素は沸騰させることで軽減されるのでしっかりと沸騰させてください。
ポットのお湯は使用しない
長時間保温して置いた水も二酸化炭素が飛んでいます。
もしポットを使用する場合は新しい水を沸騰させて使用してください。
私はコーヒーを淹れる必要量をその都度ミルクパンで沸かして使用しています。
このようなほんの少しのことでコーヒーの美味しさが変わりますよ。
是非試してみてください。

COMMENT