コーヒー豆の保存方法

COFFEE
自宅でコーヒーを淹れる方はお店でコーヒー豆を買って帰りますよね。
特に旅先だとつい沢山買ってしまったり…
(私は旅に行くと5〜7袋購入することが多い)
豆袋を開封した後どのように保存していますか?
私個人の方法ですが、ご紹介しようと思います。
良い状態を保つためには
コーヒー豆は空気に触れた瞬間から劣化(酸化)していきます。
なので開封後は空気に触れないよう密閉できる容器に移しましょう。
保存方法と期間
焙煎後1週間は常温で保存します。
私は瓶に入れて保存しています。
ガスの放出も落ち着いて1番の飲み頃です。
(移した容器に豆の購入店・産地・焙煎日を書いたマスキングテープを貼っています)
1週間以降は冷凍庫で保存します。
ベストなのはジップロック!長期保存に適していて1ヶ月保存可能です。
コーヒー豆をたくさん買ってしまった時は
1週間で飲みきれる量を常温保存
使わないコーヒー豆は冷凍保存すると良いです。
コーヒー豆には消臭効果がある
コーヒー豆には臭いを吸収しやすい成分が含まれています。
なので冷蔵庫のような食品臭の強い場所での保存はオススメしません。
またこのような臭いも豆の劣化の原因になるので気をつけましょう。
逆を言えば状態が悪くなってしまったコーヒ豆や抽出後のコーヒーのカス(乾燥させたもの)を臭いの気になる場所に置けば消臭してくれますよ!
冷凍保存したコーヒーを美味しく飲む方法
冷凍保存したコーヒー豆をそのまま使用すると
蒸らすときの温度が低くなり味やフレーバーが抽出されにくいです。
なので常温に戻してから抽出することをオススメします。
ぜひご参考までに。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました